統合失調症の症例

車につけられている感じがする

 34歳の女、会社員です。

 

 通勤の際は最寄り駅まで歩いていってます。

 

 このところずっと気持ち悪い思いをしています。

 

 帰宅時に最寄り駅から家まで歩いているときに車につけられているのです。
 とある信号のない交差点の30mくらい手前を私が歩いていると、後ろから車がついてきて、私を追い越して必ず右に曲がるのです。
 周りの人にそのことを言ったら、ただの偶然と一笑されてしまいました。

 

 でも、偶然ではなく、何かの関係性を感じるのです。

 

 毎帰宅時に現れるのではなく、どうも日にちに1か2か3か5か7がつくときに現れる傾向があります。

 

 しかも、その車は毎回変わっています。白い車が多いようですが、車をわざわざ変えているのは、私に気づかれないためのカモフラージュだと思います。

 

 つけられているのは帰宅の時だけとは限りません。この間は散歩中、あらかじめ私が現れるのが分かっていたかのように、白い車が前の道路を横切りました。私は何がなんだかわからない得体のしれない不安に襲われ、急いでその場を離れました。

 

 こんなことが続いているうちに、だんだん人が怖くなってきました。

 

 電車に乗っても皆私のことを見ているようです。会社でもみんな自分の悪口を言っているように感じます。とても同僚とは仲良くしていたので、疑ってしまう自分を責めてしまうこともあります。

 

車につけられているのは偶然です。後ろから車に抜かれ交差点を右に曲がることなんて普通にあります。後をつけられていると思い込む妄想は、とくに追跡妄想と呼ばれています。妄想を正当化しようととんでもない理由をつけているようにみえますが、本人はいたって真面目に考えているのです。

他人に悪口を言われているかもと思うのは、被害妄想の典型的なパターンです。

人が怖くなるのは、対人恐怖のような社会不安障害の疑いもありますが、これだけ妄想の症状が出ているなら、統合失調症の可能性が高くなるといえます。専門医で診断してもらいましょう。=>統合失調症を診断してくれる病院選びのポイント

車につけられている感じがする-統合失調症の症例関連ページ

盗聴されているのでは?-統合失調症の症例
統合失調症の症例を紹介します。「盗聴されているのでは?」
自分は不思議な力を持っている-統合失調症の症例
統合失調症の症例を紹介します。「自分は不思議な力を持っている」
訳の分からないことを主張する-統合失調症の症例
統合失調症の症例を紹介します。「訳の分からないことを主張する」
激しく興奮する-統合失調症の症例
統合失調症の症例を紹介します。「激しく興奮する」
回復を焦る-統合失調症の症例
統合失調症の症例を紹介します。「回復を焦る」
社会復帰したが疲れやすく毎日だるい-統合失調症の症例
統合失調症の症例を紹介します。「社会復帰したが疲れやすく毎日だるい」
何もやる気が起きずダラダラする-統合失調症の症例
統合失調症の症例を紹介します。「何もやる気が起きずダラダラする」
被害妄想が絶えない-統合失調症の症例
統合失調症の症例を紹介します。「被害妄想が絶えない」