統合失調症の症例

社会復帰したが疲れやすく毎日だるい

 28歳会社員の男です。

 

 大学生の頃、幻聴がひどく、統合失調症と診断されました。薬の治療で幻聴は消え、大学も休学しながら何とか卒業しました。

 

 無事に就職でき、その後もしばらくは順調でした。

 

 しかし、ここ数年で忙しくなり、私の体にも異変が現れるようになりました。
 帰宅後はぐったりして何もする気が起きません。休みの日はとにかく眠く、一日中寝ていることも少なくありません。

 

 精神的にまいってしまうことも多く、とくに人間関係に過敏になりました。
 職場で人から何かいわれるたびに考え込んだり、同僚がもしかして自分の悪い噂でもしているのではないかと思うようになりました。

 

 仕事以外でも人の目が怖くなりました。電車に乗ると、周りが皆自分の敵なのではないかと思ってしまうこともあります。
 監視カメラでさえ怖いです。レンズを通して何か自分を見透かされてるような気がするのです。

 

統合失調症が完全には回復していない可能性もあります。
医師と相談して治療を検討したり、または今の仕事でどの程度の人間関係なら可能かを医師と相談してもよいでしょう。

統合失調症は再発しやすい病気です。さまざまなストレスが再発のきっかけになることがあります。=>ストレス-統合失調症の危険因子

社会復帰したが疲れやすく毎日だるい-統合失調症の症例関連ページ

盗聴されているのでは?-統合失調症の症例
統合失調症の症例を紹介します。「盗聴されているのでは?」
自分は不思議な力を持っている-統合失調症の症例
統合失調症の症例を紹介します。「自分は不思議な力を持っている」
車につけられている感じがする-統合失調症の症例
統合失調症の症例を紹介します。「車につけられている感じがする」
訳の分からないことを主張する-統合失調症の症例
統合失調症の症例を紹介します。「訳の分からないことを主張する」
激しく興奮する-統合失調症の症例
統合失調症の症例を紹介します。「激しく興奮する」
回復を焦る-統合失調症の症例
統合失調症の症例を紹介します。「回復を焦る」
何もやる気が起きずダラダラする-統合失調症の症例
統合失調症の症例を紹介します。「何もやる気が起きずダラダラする」
被害妄想が絶えない-統合失調症の症例
統合失調症の症例を紹介します。「被害妄想が絶えない」