統合失調症を発症しやすい年齢

統合失調症を発症しやすい年齢

 下表は統合失調症患者が初めて発症した時の年齢と全体における割合を男女別に示したものです。

 

年齢 男性 女性
12〜14 10% 10%
15〜19 25% 18%
20〜24 27% 21%
25〜29 18% 20%
30〜34 10% 10%
35〜39 8% 9%
40〜44 1% 6%
45〜49 1% 9%
50〜54 2% 1%
55〜59 1% 1%

 

 統合失調症の発症年齢の傾向は次のとおりです。

  • 男性は15歳〜25歳くらいの発症率が高い
  • 女性は26歳〜45歳くらいの発症率が高い
  • 男性患者の8割が30歳前に発症している
  • 女性患者の7割が30歳前に発症している

 

 統合失調症を発症することが多いのは、思春期後半から青年期にかけてです。14歳以前や30歳以上で発症するのは少数です。女性のほうが男性より5年ほど遅くに発症する傾向がみられます。
 女性においては、晩発性といわれる40歳を過ぎて発症する人が男性よりも明らかに多いことがわかっています。また、出産後に統合失調症を発症する人もまれにいます。
 このように男性と女性で発症することが多い時期は違っていますが、全体的には男女の患者数に違いはありません。

統合失調症を発症しやすい年齢関連ページ

先天的な問題-統合失調症の危険因子
統合失調症の危険因子には、先天的な問題というものがあります。
ドーパミンの過剰分泌-統合失調症の危険因子
ドーパミンの過剰分泌が統合失調症の危険因子とされています。
遺伝-統合失調症の危険因子
統合失調症は遺伝病ではありませんが、遺伝が危険因子であると考えられています。
ストレス-統合失調症の危険因子
ストレスが統合失調症の再発のトリガになると考えられています。
親の育て方は関係ない
統合失調症と親の育て方は関係ありません。自分や家族を責めたりしないようにしましょう。