親の育て方は関係ない

親の育て方は関係ない

 統合失調症と親の育て方は関係ありません。自分や家族を責めたりしないようにしましょう。

 

 統合失調症と診断されると、育て方が悪かったと親である自分を責め、不安に襲われたり、罪悪感に苛まれたりする人がいます。その結果、親が患者ときちんと向き合えなくなり、回復に悪影響を及ぼすことになります。

 

 統合失調症は脳の一部のバランスが崩れた状態です。はっきりした原因はわかっていませんし、いくつかの因子がかかわって起こる病気で、親の育て方は関係ありません。統計調査により、家族との関係が良くても悪くても、統合失調症の発病の割合に違いがなかったことがわかっています。

親の育て方は関係ない関連ページ

先天的な問題-統合失調症の危険因子
統合失調症の危険因子には、先天的な問題というものがあります。
ドーパミンの過剰分泌-統合失調症の危険因子
ドーパミンの過剰分泌が統合失調症の危険因子とされています。
遺伝-統合失調症の危険因子
統合失調症は遺伝病ではありませんが、遺伝が危険因子であると考えられています。
ストレス-統合失調症の危険因子
ストレスが統合失調症の再発のトリガになると考えられています。
統合失調症を発症しやすい年齢
統合失調症が発症しやすい年齢を紹介します。