統合失調症

統合失調症は珍しい病気ではありません

 統合失調症の有病率は約1%、100人に1人という割合です。統合失調症は決して珍しい病気ではありません。

 

 統合失調症のために通院や入院など治療を受けている人は約80万人です。これは心筋梗塞や狭心症などの虚血性心疾患の約81万人とほぼ同じです。

 

【総患者数】

  • がん…150万人
  • 脳卒中…134万人
  • 気分障害(うつ病・躁うつ病など)…104万人
  • 虚血性心疾患…81万人
  • 統合失調症…80万人
  • 不安障害(パニック障害、強迫性障害など)…58万人
  • 胃潰瘍・十二指腸潰瘍…52万人
  • アトピー性皮膚炎…35万人

 

 精神疾患においては、統合失調症はうつ病に次いで2番目に多い病気です。近年、うつ病の患者数が急伸するまでは統合失調症が1番多い精神疾患でした。

 

 また、統合失調症には発症しやすい年齢というものが存在します。詳しくはこちらの記事にあります。=>統合失調症を発症しやすい年齢

統合失調症は珍しい病気ではありません関連ページ

統合失調症の発症に関わる遺伝子領域を新たに83カ所特定
統合失調症の発症に関わる遺伝子を含む領域を、ハーバード大とケンブリッジ大、藤田保健衛生大などの国際研究チームが新たに83カ所特定しました。
統合失調症は精神が崩壊する病気ではない
統合失調症は以前、精神分裂病という名前でした。しかし、実際は精神が分裂するわけでも崩壊するわけでもありません。統合失調症は治療すれば多くの人が治る病気です。
統合失調症は受診までの時間がかかりやすい
統合失調症は受診までの時間がかかりやすい病気といえます。
統合失調症の治療開始が早いほど回復が早くなる
統合失調症は、治療開始が早いほど回復が早くなる傾向がみられる病気です。
精神障害者は”危険”なのでしょうか?
統合失調症などの精神障害を抱えている人は危険であるという残念な誤解があります。果たして本当にそうでしょうか?
エビリファイのジェネリック医薬品 米国で承認
大塚ホールディングスは統合失調症などの治療薬「エビリファイ」のジェネリック医薬品として開発を進めてきた「レキサルティ」が米国で承認されたと発表しました。
統合失調症患者の家庭での暴力に関する調査結果
統合失調症患者の家庭での暴力に関する調査結果が発表されました。