統合失調症

統合失調症は精神が崩壊する病気ではない

 統合失調症は以前、精神分裂病という名前でした。しかし、実際は精神が分裂するわけでも崩壊するわけでもありません。統合失調症は治療すれば多くの人が治る病気です。

 

 統合失調症の特徴的な症状は200年近く前から知られていましたが、1911年にスイス人医師のブロイラーが”考えをまとめる場所である精神が分裂している状態”という意味で、schizophrenia(スキゾフレニア)と名づけました。schizoが分裂で、phreniaが精神病という意味です。直訳して日本では”精神分裂病”と呼ぶようになりました。ブロイラーが使った分裂という言葉は、統合機能の緩みという意味合いで、日本語の分裂の意味とは違っていました。
 日本では、精神分裂病という言葉によって大きな誤解が生まれました。精神が分裂して崩壊する病気だと思われてしまいました。統合失調症は精神が分裂して多重人格になる病気ではありませんし、必ずしも人格が崩壊する病気でもありません。さらには、1950年代までは有効な治療方法がなかったため、精神分裂病は発症したら隔離するしかない不治の病だというイメージも着いてしまいました。

 

 このような間違った印象を払拭するために、2002年、日本精神神経学会は「統合失調症」と名前を改めました。
 統合失調症の症状を正しく知り、治療方法が確立されていて、多くの人が治る病気だということを認識することも大切です。

統合失調症は精神が崩壊する病気ではない関連ページ

統合失調症の発症に関わる遺伝子領域を新たに83カ所特定
統合失調症の発症に関わる遺伝子を含む領域を、ハーバード大とケンブリッジ大、藤田保健衛生大などの国際研究チームが新たに83カ所特定しました。
統合失調症は珍しい病気ではありません
統合失調症の有病率は約1%、100人に1人という割合です。統合失調症は決して珍しい病気ではありません。
統合失調症は受診までの時間がかかりやすい
統合失調症は受診までの時間がかかりやすい病気といえます。
統合失調症の治療開始が早いほど回復が早くなる
統合失調症は、治療開始が早いほど回復が早くなる傾向がみられる病気です。
精神障害者は”危険”なのでしょうか?
統合失調症などの精神障害を抱えている人は危険であるという残念な誤解があります。果たして本当にそうでしょうか?
エビリファイのジェネリック医薬品 米国で承認
大塚ホールディングスは統合失調症などの治療薬「エビリファイ」のジェネリック医薬品として開発を進めてきた「レキサルティ」が米国で承認されたと発表しました。
統合失調症患者の家庭での暴力に関する調査結果
統合失調症患者の家庭での暴力に関する調査結果が発表されました。