幻覚-統合失調症の症状

幻覚

 幻覚は現実には存在しない対象や音を認識してしまう症状です。統合失調症の陽性症状にあたります。視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚といった五感に異常が現れ、実際にはないのにあるように感じます。
 幻覚には幻聴、幻視、幻味などがさまざまなものがあります。

 

幻聴

 統合失調症の方に多く見られるのは幻聴です。誰かの声や実際にはない音が聞こえてくる症状です。詳しい症状や体験談はこちら=>幻聴-統合失調症の症状

 

幻視

 そこにはいない人や無い物がみえる症状を幻視といいます。アルコール中毒や薬物中毒の患者によくみられる症状で、統合失調症患者にはあまり多くはみられません。

 

幻味

 実際にはない味を感じる症状を幻味といいます。

 

幻臭

 実際にはない臭いを感じる症状を幻臭といいます。自分から嫌な臭いがしていると思い込むこともあります。

 

幻触

 誰かが触っている、虫のようなものが皮膚の上を這いずり回っていると感じる症状を幻触といいます。

 

幻覚は本人にとっては紛れもない真実

 幻覚は本人にとっては真実であるということは、知っておきたいポイントです。ですから、どんなに本人の幻覚を否定しても、本人の不安や混乱は大きくなっていくばかりなのです。また、本人にとっては幻覚は紛れもない真実なので、自ら「幻覚がある」とは言いませんし、自分が責められることで余計に幻覚があることを隠したりします。このことが発見を遅らせている要因でもあります。統合失調症は現実と非現実の境界線で疲労と混乱に悩まされ、どんどん自我が崩壊していく病気です。何よりも早い専門医療機関でも治療が必要ですし、周りの方の正しい統合失調症への理解が大切です。

幻覚-統合失調症の症状関連ページ

陽性症状-統合失調症の症状のタイプ
統合失調症の症状のタイプである陽性症状について紹介します。
陰性症状-統合失調症の症状のタイプ
統合失調症の症状のタイプである陰性症状について紹介します。
幻聴-統合失調症の症状
統合失調症の症状のひとつである幻聴について紹介します。また、幻聴を発症した人の体験談も合わせて紹介します。
妄想-統合失調症の症状
統合失調症の症状―妄想を紹介します。
奇行-統合失調症の症状
統合失調症の症状―奇行を紹介します。
思考障害-統合失調症の症状
統合失調症の症状―思考障害を紹介します。
感情の平坦化-統合失調症の症状
統合失調症の症状―感情の平坦化を紹介します。
意欲の低下-統合失調症の症状
統合失調症の症状―意欲の低下を紹介します。
自主性の低下-統合失調症の症状
統合失調症の症状―自主性の低下を紹介します。
集中力の低下-統合失調症の症状
統合失調症の症状―集中力の低下を紹介します。
コミュニケーション能力の低下-統合失調症の症状
統合失調症の症状―コミュニケーション能力の低下を紹介します。
不眠-統合失調症の症状
統合失調症の症状―不眠を紹介します。
水中毒-統合失調症の症状
統合失調症の症状―水中毒を紹介します。
メサイアコンプレックス-統合失調症の症状
統合失調症の症状―メサイアコンプレックスを紹介します。
無為自閉-統合失調症の症状
統合失調症の症状―無為自閉を紹介します。
自殺に至ることも-統合失調症の症状
統合失調症は最悪の場合、自殺に至ることもあります。