統合失調症にまつわる体験談

甥っ子が破瓜型統合失調症になりました

 統合失調症は、原因不明の病気ですが、100人に1人くらいの割合でかかります。決して稀な病気ではありません。

 

 典型的な精神病のひとつであり、幻覚や妄想、行動の異常があらわれ、自分が病気だという認識を持つことは少ないです。

 

 統合失調症という病気は、前兆期・急性期・休息期・回復期という4つの段階を経過します。しかし、病気の前触れである「前兆期」は、普通に誰もが経験する、なかなか眠れなかったり、あせりの気持ちが強くなったりするなどの症状ですので、本人も周りも気づかないケースが多いようです。=>統合失調症の経過

 

 甥っ子が、統合失調症を発症しました。ある頃から、食事の時間が異様にかかるようになったそうです。甥っ子は、以前から好き嫌いが多く、食べたり食べなかったりしていたので、家族はあまり気にしていなかったのですが、姉は何か違うと感じていたそうです。

 

 この病気の症状として、自分のやりたいことができなくなるということもあり、本人は食事をしたくてもできなかったのだと後でわかりました。統合失調症の中でも、甥っこは「破瓜型」であり、これは思春期に発病することが多いタイプの統合失調症です。=>自主性の低下無為自閉

 

 姉のように、おかしいと感じたら早くで専門医へ相談することが、統合失調症の改善の重要なポイントです。初期に適切な治療を行なえば、かなり改善する病気だからです。

 

破瓜型…感情荒廃や無為症の傾向が強いタイプの統合失調症。幻覚や妄想はあまり前面に出ない。

甥っ子が破瓜型統合失調症になりました関連ページ

うつ病だと思ってたら統合失調症と診断された
最初は周りの人が自分に嘘をついているのではと思ったこともありました。
統合失調症になってしまった
一人でテレビを見ている時や本を読んでいる時に話しかけてこられる感覚があるのです。初めのうちは誰かが話をしているのだろうと思っていました。
統合失調症ですが8年かけて働けるまでに回復
私は20代前半で統合失調症と診断されました。
統合失調症は怖い経験でした
統合失調症が一番酷かったのが高校の頃でしょうか。人の目が気になり、いつも見られているような感じがして学校にも行けなくなったのです。