統合失調症

自立支援医療制度

 統合失調症の経済的支援制度である、自立支援医療制度を紹介します。

 

 自立支援医療制度は、診療費や薬代、デイケアなどの費用が、通常の3割負担から1割負担になります。さらに負担額には、所得や症状の重さによって、月額2500円、5000円、1万円といった上限が設けられています。

 

 自立支援医療制度を受けられる条件は、世帯の市区町村民税が23万5千円未満の場合です。
 しかし、それ以上の市区町村民税を払っている場合でも、重度かつ継続の場合は、月額2万円が負担額の上限になります。ただし、3割負担は通常の方と変わりません。

 

 自立支援医療制度の申請窓口は、市区町村の福祉課などの担当課です。
 必要な書類は、申請書、診断書や医師の意見書、健康保険証の写し、世帯員の所得を確認できる書類です。

 

 また、”医療費助成”制度を利用すれば、診察料や薬代などの自己負担額をさらに減らすことができます。自立支援医療制度の申請の際に一緒に聞いてみましょう。

自立支援医療制度-統合失調症の経済的支援制度関連ページ

障害年金-統合失調症の経済的支援制度
統合失調症の障害年金について紹介します。
生活保護-統合失調症の経済的支援制度
統合失調症の家族が受けられる生活保護について紹介します。
心身障害者扶養共済-統合失調症の経済的支援制度
統合失調症の家族が受けられる心身障害者扶養共済について紹介します。
精神障害者保健福祉手帳-統合失調症の経済的支援制度
精神障害者保健福祉手帳とは、精神障害者が一定の精神障害の状態であることを証明するものであり、さまざまな福祉サービスを受けられるものです。統合失調症も対象疾患となっています。