先天的な問題-統合失調症の原因

先天的な問題

 先天的な問題をかかえていて、そこに精神的なストレスや身体的ストレスがかかると、統合失調症を発病しやすいとされています。
 先天的な問題には次のようなものがあります。

  • もともと病気になりやすい体質である。
  • 母親の体内にいたときにウィルス感染した。
  • 分娩時に外傷を受けた。

先天的な問題-統合失調症の危険因子関連ページ

ドーパミンの過剰分泌-統合失調症の危険因子
ドーパミンの過剰分泌が統合失調症の危険因子とされています。
遺伝-統合失調症の危険因子
統合失調症は遺伝病ではありませんが、遺伝が危険因子であると考えられています。
ストレス-統合失調症の危険因子
ストレスが統合失調症の再発のトリガになると考えられています。
統合失調症を発症しやすい年齢
統合失調症が発症しやすい年齢を紹介します。
親の育て方は関係ない
統合失調症と親の育て方は関係ありません。自分や家族を責めたりしないようにしましょう。