ストレス-統合失調症の危険因子

ストレス

 失恋、就学、家族の死、過度の勉強、就職活動、職場でのトラブルなどストレスの種はいたるところにあります。
 精神的なストレスや身体的なストレスが、統合失調症の発病につながることがあります。
 大きな事故に遭ったり、手術を受けたりすることもきっかけになることがあります。

 

 また、統合失調症はストレスがきっかけで再発することが多い病気です。統合失調症の回復後も、ストレスには十分に気をつけましょう。

 

 しかし、いずれの場合も、ストレス単独で統合失調症が起こるのではなく、遺伝や発達過程などによる脳の神経系のもろさにストレスが加わることで起こるとされています。

ストレス-統合失調症の危険因子関連ページ

先天的な問題-統合失調症の危険因子
統合失調症の危険因子には、先天的な問題というものがあります。
ドーパミンの過剰分泌-統合失調症の危険因子
ドーパミンの過剰分泌が統合失調症の危険因子とされています。
遺伝-統合失調症の危険因子
統合失調症は遺伝病ではありませんが、遺伝が危険因子であると考えられています。
統合失調症を発症しやすい年齢
統合失調症が発症しやすい年齢を紹介します。
親の育て方は関係ない
統合失調症と親の育て方は関係ありません。自分や家族を責めたりしないようにしましょう。