入院の形態

入院の形態

 患者や家族の事情はさまざまです。多様な状況に対応するために、精神科は複数の入院の形態を設けています。

 

任意入院

 本人が同意している入院です。本人の希望があれば、基本的にはいつでも退院できます。
 しかし、継続的な入院が必要と判断された場合は、72時間に限り退院が制限されます。
 その間に、今後の治療について検討し、家族とも話し合います。その結果、さらに入院が必要とされた場合は、医療保護入院に切り替えられる場合があります。

 

医療保護入院

 入院しなければ治療できない場合が対象です。保護者の同意が必要です。

 

措置入院

 自傷や他害の危険性がある場合が対象です。本人や家族の意思に反しても、都道府県知事の命令で入院が決定します。
 都道府県知事が自傷・他害の恐れがないと判断しない限り、退院できません。

 

応急入院

 ただちに入院が必要なであるが、本人の同意が得られず、しかも家族の所在も不明の場合、72時間に限って入院させられます。

入院の形態-統合失調症の入院関連ページ

どんなときに入院が必要になるか
統合失調症の治療では、入院が必要になることもあります。どんなときに入院が必要になるのでしょうか?
入院による効果
統合失調症の入院による効果を紹介します。
入院させるために
統合失調症の患者が入院を拒む場合の対処法を紹介します。
入院治療の進み方
統合失調症の入院治療の進み方を紹介します。
【体験談】統合失調症でしたが入院したおかげでよくなりました
統合失調症の入院治療をしたおかげで症状がよくなった方の体験談を紹介します。
【体験談】夫が統合失調症で入院することに
夫が統合失調症で入院したという方の体験談を紹介します。
【体験談】子供が統合失調症で入院しました
子供が統合失調症で入院したという方の体験談を紹介します。