入院させるために

入院させるために

 入院は、本人同意の上で行われるのが一番ですが、本人が拒否する場合もあります。
 強制すると逆効果になったりしますので、家族と医師が協力して慎重に進めるようにしましょう。
 入院させるためのポイントを以下に示します。

 

まずは家族だけで相談に行く

 いきなりに患者を病院に連れて行っても、ベッドが空いているとは限りません。
 多くの病院は事前に入院相談を受ける体制をとっています。よりよい形で入院ができるよう、医師と家族で相談しましょう。

 

家族の意見を統一する

 家族全員で「本人が心配だから入院してほしい」という気持ちを伝えることが大切です。
 母親が入院を進めているのに、父親が入院を渋る、など意見が一致していないようでは、よい入院治療は難しいでしょう。

 

入院を勧めるための良い言い方
  • 「心配している」※見捨てるわけではないことを伝えます
  • 「治そう」※本人も治したいと思ってます
  • 「きっとよくなる」※安心感を与えます

 

入院を勧めるための悪い言い方
  • 「なんだかおかしいぞ」※否定するようなことを言うと逆効果になります
  • 「言うことを聞け」※反発を招きます
  • 「とりあえず1日だけ入院しよう」※嘘はいけません。不信感が残ります。

入院させるために-統合失調症の入院関連ページ

どんなときに入院が必要になるか
統合失調症の治療では、入院が必要になることもあります。どんなときに入院が必要になるのでしょうか?
入院による効果
統合失調症の入院による効果を紹介します。
入院の形態
統合失調症などを扱う精神科の入院には、さまざまな形態があります。
入院治療の進み方
統合失調症の入院治療の進み方を紹介します。
【体験談】統合失調症でしたが入院したおかげでよくなりました
統合失調症の入院治療をしたおかげで症状がよくなった方の体験談を紹介します。
【体験談】夫が統合失調症で入院することに
夫が統合失調症で入院したという方の体験談を紹介します。
【体験談】子供が統合失調症で入院しました
子供が統合失調症で入院したという方の体験談を紹介します。