抗精神病薬の一覧

抗精神病薬の一覧

 抗精神病薬は、定型抗精神病薬と新薬の非定型抗精神病薬に分かれます。
 定型抗精神病薬は陽性症状を抑える効果のみ期待できます。
 非定型抗精神病薬は陽性症状だけでなく、陰性症状への効果も期待できます。

 

定型抗精神病薬
ブロムペリドール

商品名:インプロメンなど
特徴:幻覚、妄想、不安、緊張感に効果あり

ハロペリドール

商品名:セレネース、リントンなど
特徴:幻覚、妄想、不安、緊張感に効果あり

レボメプロマジン

商品名:レボトミンなど
特徴:鎮静効果。情緒安定。

クロルプロマジン塩酸塩

商品名:コントミン、ウインタミンなど
特徴:鎮静効果。幻覚、妄想、興奮にも効果あり。

 

クロルプロマジンの分子モデル

クロルプロマジンの分子モデルです。1950年代に登場し、塩酸塩は統合失調症治療に革新をもたらしました。

"Chlorpromazine-3D-vdW" by Ben Mills - 投稿者自身による作品. Licensed under パブリック・ドメイン via ウィキメディア・コモンズ.

 

プロペリシアジン

商品名:ニューレプチルなど
特徴:攻撃性を抑える。

スルピリド

商品名:ドグマチールなど
特徴:低用量なら抗うつ作用。高用量なら抗精神病作用。

 

非定型抗精神病薬
クエチアビンフマル酸塩

商品名:セロクエル
特徴:陽性症状、陰性症状の改善。

リスペリドン

商品名:リスパダールなど
特徴:幻覚、妄想に有効。パーキンソン症状の副作用が少ない。

アリピプラゾール

商品名:エビリファイ
特徴:陽性症状、陰性症状の改善。副作用が少ない。

ブロナンセリン

商品名:ロナセン
特徴:陽性症状に効果あり。パーキンソン症状の副作用が少ない。

オランザピン

商品名:ジプレキサ
特徴:幻覚妄想に効果あり。陰性症状、うつ症状の改善。

ペロスピロン塩酸塩水和物

商品名:ルーラン
特徴:幻覚、妄想に効果あり。陰性症状にも効果あり。

クロザピン

商品名:クロザリル
特徴:既存の薬物療法に抵抗性がある場合に有効。

パリペリドン

商品名:インヴェガ
特徴:血中濃度の安定。幻覚、妄想に有効。

抗精神病薬の一覧-統合失調症の薬関連ページ

抗精神病薬の効果
抗精神病薬は、統合失調症の治療にかかせないものです。抗精神病薬の効果を中心に紹介します。
抗精神病薬による治療の進め方
抗精神病薬による治療の進め方を紹介します。
抗精神病薬の副作用
抗精神病薬の副作用を紹介します。
服薬をつづけるために
抗精神病薬の服薬は、本人だけでは管理できないこともあります。家族も協力して、服薬を続けやすい環境を作りましょう。
統合失調症の治療を補助する薬
統合失調症では抗精神病薬が中心に使われますが、他にも状況に応じてさまざまな薬が使われます。
【体験談】薬で症状を抑える日々 あせらずゆっくり治療
ロナセン、リスミー、デパス、クアゼバムを服薬しています。まだまだ完治とはいきませんが、あせらずゆっくりと治療していきます。
【体験談】薬で幻聴だんだん小さくなっていった
幻聴に悩まされた私は病院にいくことになりました。薬がよく効いたので快方に向かっていきました。